ロゴマーク メニューの始まり メールマガジン申込み     メールマガジン停止 メニューの終わり
働く犬を支援する会 メニューの始まり ホーム     メール メニューの終わり
「盲導犬の里富士ハーネス」見学と朝霧高原の旅
平成22年7月17日
富士ハーネス玄関の写真
 平成22年7月17(土)「盲導犬の里 富士ハーネス」の見学と朝霧高原の旅」に行ってきました。研修旅行は、今回で5回目初めての日帰り旅行です。 参加人数は31名、盲導犬1頭、盲導犬の引退犬3頭、家庭犬1頭でした。
 神田交通の館ヶ沢さんが運転する大型バスは、橋本駅を8:00出発、JR大磯駅前で他の参加者と合流し秦野ICから富士ICへて魚河岸丸天 富士店で昼食をとりました。   午後1時40分過ぎに日本盲導犬総合センター「盲導犬の里 富士ハーネス」に到着。ここは平成18年秋に開設した新施設で働く犬を支援する会は、平成19年6月9日の訪問に続き2回目の訪問です。 富士ハーネスに到着すると、盲導犬使用者の職員押野さんとデモンストレーションのボランティアさんが出迎えてくださいました。施設は広大で盲導犬の引退犬棟から回廊を進み、繁殖犬棟では盲導犬候補犬の子犬が室外のサークルで遊んでいました。あまりに愛らしく離れられなくなりそうなところデモンストレーションの開始時間となって会場へ、使用者の押野さんだからこそのポイントを押えたお話とボランティアさんの共演で盲導犬への理解が深まりました。 朝霧高原の涼しいきれいな空気を満喫し、無事に帰途につきました。バスは、「富士ハーネス」を15:00に出発し道の駅朝霧高原〜河口湖IC〜相模湖IC〜橋本駅〜大磯駅に20:00到着いたしました。 ご参加、ご協力くださった皆様に感謝申しあげます。