ロゴマーク メニューの始まり 体験的犬の躾  ほめて躾ける  社会化  子犬の抱き方  トイレの躾け  シット、ダウン  カム  ウエイト、ステイ  ルック  ハウス 
              ヒール  じゃれがみ  飛びつき  メニューの終わり
働く犬を支援する会     メニューの始まり ホーム     メール メニューの終わり
飛びつき

飛びつき

飛びつきは大まかに2つに分けられるでしょう。
  その1が「自分の部下にな〜れ」
  その2は「あそんでよぉ〜」
ですね。

 馬乗りになるマウンティングもそうですが、机に前足をのせる、人に対してぴょ んと飛びつく、つまり後ろ足で立った状態で前足を物にかける、人に寄りかかる、 これらはやめさせたいですね。
 理由は例えば交差点の信号待ちでベビーカーを押しているお母さんが待っている 所で、そのお母さんが気に入って飛びついたらどうなるでしょう。ご老人でも同 じ事が言えますよね。
ベビーカーにダイレクトだったら大変です。

ですから、マウンティングを含めて「ノー」としましょう。

 立っている人の所へ来てぴょんと抱きついたり押し倒そうとしたりするので有れば対処法はあります。
 ワンコってどういう訳か「ぴらぴら」して動く物が好きなんですよ。だから、手を狙ってきます。人によっては「腕を組めばいい」と言われます。でも、私の場合は後ろに手を回してしまいます。腕を組んでいると、ラブラドールの体格だとちょうど手がかりになって面白がるんですね。だから、正面に立って後ろに手を回すんです。そのうち諦めてしまいます。

 次は子犬には勧められないんですが、股関節がしっかりしてきた子ならこんな方法もあると思って下さいね。
 抱きつこうとしたらその手(前足)を握ってあげるんです。そして「遊びたいの?そうなの?」と言いながらぎゅって握っちゃうんです。逃げようとしますけど「いいんだよ」って言いながら少し長く握って居るんです。暫くやっていると、ふっと力を抜きますからその時に放してあげるんです。
 何回かやってるうちに、目の前でぴょんぴょんするだけになってきますよ。
 そしたら、こちらから「いいこだねー」って遊んであげるんです。

 意外に早く理解しますよ。



飛びついている犬の画像